食・集・働・住が詰まった集合住宅

駒田剛司
神奈川県生まれ。一級建築士。
駒田建築設計事務所代表取締役
前橋工科大学教授
駒田由香
福岡県生まれ。一級建築士。
駒田建築設計事務所取締役
東京芸術大学・明治大学非常勤講師

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京都西葛西にある「西葛西APARTMENTS-2」は、設計事務所、コワーキングスペース、ベーカリーを併設した集合住宅だ。オープンスペースでは地域交流の場となるマルシェも定期的に開催している。自らが事業主となり、企画・設計・運営に携わる駒田建築設計事務所の駒田剛司さん、駒田由香さんに、お話を伺った。

 

 

食・集・働・住が詰まった「西葛西APARTMENTS-2」

「西葛西APARTMENTS-2」の外観。建物の右手がオープンスペース「7丁目PLACE」

 

下吹越武人(以下.下吹越)──「西葛西APARTMENTS-2」はどのような経緯で計画されたのですか?

 

駒田剛司(以下.剛司)──私の母が葛西の出身だったので、ここの土地を相続したことがきっかけです。駐車場になっていたのですが、ここに何か建てれば仕事になるし、実績がつくれるかなと思い、僕たちのデビュー作として、敷地の半分を使って「西葛西APARTMENTS」(2000年竣工)を設計しました。ちょうど集合住宅が雑誌などで注目されていた時期でもあったので、用途は賃貸の集合住宅に決めました。

現在、「西葛西APARTMENTS-2」が建っている土地はその後も20年近くずっと駐車場として使用していましたが、7、8年前から2人で計画を考え始めて、今度は自分たちの事務所が事業主となってやろうということになり、資金繰りもすごく大変な中で実現しました。

 

畠山かおり(以下.畠山)──建物のプログラムについて教えてください。

 

駒田由香(以下.由香)──プログラムとしては、1階はパン屋さんとカフェ、2階はコワーキングスペースと事務所、3、4階は賃貸住宅という構成になっています。

「西葛西APARTMENTS-2」の1階平面図

はじめからオープンスペースをつくりたいという考えがあり、どうやって街とつなげて、外の人たちを中に引き込むかを考えました。4、5年前からカフェやパン屋を開くことを真剣に考えていましたが、調べれば調べるほどハードルが高いとわかりました。そこで、この辺で1番美味しいパン屋さんに、オーナーの顔も知らずに図面を持ってダメもとでお願いしに行ったのですが、「ここでカフェやパン屋をやるのはそんな甘くないですよ」と言われて断られました。しかし、その後に私たちのことを調べてくれて、実際にここに来てみたら結構良い印象だったらしく、1週間後に真剣に考えたいって連絡をくれました。

そのゴンノベーカリーマーケット(以下.ゴンノベーカリー)さんから、「ワンフロア全部を使ってやりたいです」と言われたのをきっかけに1階は全て、人が集まったり食べたりする場所にすることに決めました。それで2階は働く場にして、建物自体は小さいけど、食べる・集まる・働く・住むという要素が全て詰まっていて、誰でも入ってこられる場所がコワーキングスペースや外廊下、屋上などに散りばめられるようにしようと考えました。

 

剛司──集合住宅の足元に店舗を計画する時は、だいたい集合住宅と店舗のアプローチを分けてしまうんですが、住民がアプローチする時に必ずパン屋さんの横を通ってほしかったので、階段室の場所は工夫しました。さらにこの階段室は風が抜けて、視線も上や下に抜けるので、プライベートとパブリックを明確には分けていません。

 

 

街にひらくコワーキングスペース

 

畠山──コワーキングスペースはどのように使っていただいていますか?

 

由香──まだ始めて半年くらいですが、月額の席も20席弱埋まっていて、いつも人がいる状態です。私たちの事務所と空間がつながっていて、外部の人たちが来るというのも新しい環境で楽しいです。共同キッチンを受付兼メインの集まる場所にしています。気持ちとしては、居合わせた人が挨拶するコワーキングを目指していて、名刺交換をしたり、軽くお話をしたりしています。入口横のミーティングスペースは、コワーキングの利用者が使いたいときは予約制で貸しています。フリー席は月額8千円で、固定席は決まっている人が使用します。コワーキングスペースの運営は設計事務所とは違う業務なので、いろいろ調べながら本当にゼロからやっていますね。

 

下吹越──月額8千円って安いですよね。

事務所とコワーキングスペースの共同キッチン

由香──意外とそうでもなくて、たとえば同じ東西線沿線だと、茅場町や日本橋の辺りでも安いところがあるんですよ。西葛西の駅前ならまだしも、駅から10分かかりますから、利便性の良いところに比べると決して安くないです。でも、一般的なコワーキングスペースとは全く違うコンセプトでつくっていて、席から外が見えたり、仕切りがなかったり、そうした空間が気持ちいいという人が来てくれている感じです。

 

下吹越──事務所の横にあったら、ちょっと集中したいときに来たくなりそうです。

 

由香──そんな風に使ってもらえたらいいなと思っています。これまでとは全く違うコンセプトで働く場をつくって、それを街に開放したいという想いが少しずつ受け入れられている気がします。

 

畠山──コワーキングスペースに来られる方はどういう方ですか?

 

由香──フリーランスの方や、グラフィックやコンピューター関係の仕事をしている方、大手の会社員や公認会計士の方などいろいろいらっしゃいますね。あとはグラフィック事務所ごと引っ越してきた方もいます。その方から、移転パーティーをここに人を呼んでやりたいと言われて、ゴンノベーカリーさんからケータリングをしてもらったこともありました。

 

剛司──あと一番はじめから使ってくれているのは、ゴンノベーカリーの娘さんで、勉強しに来ています。

 

由香──そうそう。パン屋さんは上に住んで、下で働いて、ここで勉強して、フル活用していますね。

 

 

地域を活性化するマルシェを開催

 

飯田彩(以下.飯田)──マルシェはどれぐらいのペースでやられているんですか?

 

由香──大きいものは4、5ヶ月に1回、ドーナツ屋さんだけ来るような小さいものは2ヶ月に1回ぐらいやっています。

 

剛司──小さいワークショップとかは週に1回ぐらいですね。ゴンノベーカリーさんのパン教室もやっています。

 

由香──イベントをやるとたくさんの方が来てくれます。パンイベントだったり、地元のお店の方にお野菜やハチミツ、ジュースを売ってもらったりしていますね。

 

飯田──どうやって声をかけていますか?

 

由香──SNSで発信したり、パン屋さんにチラシを置いたりして告知をしています。人気の人達に出店してもらって、そこの店でも告知してもらいますし、出店者からはちゃんと出店料をもらうなど、かなり入念に準備をして運営していますね。また、急にコミュニティをつくると言っても、そんな簡単にはできないと思っていたので、まずはコミュニティに関わる活動をしようと、「西葛西APARTMENTS-2」が完成する2年前から「西葛西APARTMENTS」の「やどり木」というスペースで活動を始めました。「やどり木」はもともと、私達の事務所の打ち合わせスペースでしたが、それだけでは家賃が払えないので、飲食が提供できるように保健所の許可を取りました。そのスペースで、いろんなワークショップをやったり、地元の人達に来てもらう活動を始めたりして、知り合いのネットワークを少しずつ育ててきました。今はドーナツ屋さんに来てもらったり、様々な会を開いたりしています。知り合いの和菓子作家さんはここを気に入って年に何回か利用してくれていて、その方が和菓子の会を開いたら、60人分の5000円フルコースが1時間で埋まりました。

その方は昔からの知り合いで、西葛西まで来てもらえるか不安だったのですが、「西葛西でもスペースがよければ大丈夫ですよ」と言って、気に入って年に何回か利用してくれています。その人のファンもいるし、結構遠くからもお客さんがいらっしゃいます。

やどり木の内観

畠山──こことは別の場所でマルシェを開くということは、考えていますか?

 

由香──それは考えていなかったのですが、この前つばめ舎建築設計さんの「欅の音テラス」のイベントに行った時に交換マルシェを提案されて、前向きに検討したいと考えています。

 

剛司──ここで江戸川区周辺のパン屋さんが4店舗集まってマルシェをやったんですけが、それを買いに来る人たちが「西葛西APARTMENTS-2」の周りにすごい行列をつくっていました。

 

由香──1000円のパンの詰め合わせのセットを買い求める人が1時間も待ってくれていましたが、皆さん楽しそうでした。あとは子どもと大人のパン焼き教室もやりました。次は出張して違うお店でやろうかなって考えています。江戸川区のパン屋さん同士って、他のお店の人がどんな技術を持っているのか気になってはいるけど、見る機会がないんですよね。でもそうやって他のお店のところに来て焼くと、すごく勉強になるみたいです。最後は、そのパン屋さんたちと私たちで「7丁目PLACE」で打ち上げをしましたが、普段は知り合えない人たちに会えて、ネットワークが草の根のように広がっていますね。

 

剛司──あとは、この辺はインド人が多くインドコミュニティがあるのですが、コワーキングスペースで日本語があまり上手じゃないインド人に日本語を教える語学教室の申し込みもありました。

 

由香──最初はコワーキングスペースで音声の出る教室は厳しいと断ったのですが、現在は「やどり木」のスペースで語学教室を行っています。インド人の方たちは日本人のコミュニティに出て来づらいらしくて、ここに来るだけでも、日本人の幼稚園ママはこういうところでごはんを食べているというのがわかって楽しいとおっしゃっていました。その人は定期的に教室をやることになっていますが、インド人の人たちの本場のカレーマルシェとかやったらおもしろいなって勝手に考えています。

 

畠山──コワーキングスペースに来られる方たちがマルシェに出店されることはありますか?

 

由香──今はまだないですが、今後は、そういうことに興味がある方だったらマルシェがある日に来てもらって楽しんでもらいたいですね。

 

下吹越──マルシェだと食が中心になってしまうけど、ワークショップは内容が幅広いのでコワーキングスペースを利用されている方も割と気軽に参加できそうですよね。

 

 

自分の街をおもしろくしたい

 

畠山──街づくりをしようと思ったきっかけは何でしょうか?

 

由香──私は、20年ここに住んで働いてきましたが、西葛西の街はそんなに変わっていないんですよ。ちょっと集まれる場所や、子供が小さい時に連れていける場所があまりなかったし、ワクワクするような場所も少なかったし、徒歩や自転車で行けるところに気軽に立ち寄れて、集まれる場所が欲しいなと思っていました。建築の仕事をしてるし、段々自分でやらないといけないと思ったからです。

インタビューに答える駒田剛司さんと由香さん

剛司──僕は、ここに生活圏みたいなものをつくりたいという実感が生まれてきたからですね。自分で住んでいるからここをおもしろくした方がいいと思って、新しく事務所をリニューアルするなら、いい環境で仕事がしたいと思ったのがきっかけですね。あと僕らは、はじめにつくったのがたまたま集合住宅で、それから継続的に集合住宅をやらせてもらう機会があったので、集合住宅をもっとよくできないかという気持ちもありました。

集合住宅は、高度経済成長期に都市部に大量に流入してきた人口の受け皿としての社会的な役割を持っていたけど、今僕らがクライアントからお願いされる賃貸集合住宅は基本的には土地活用なんですよね。

だから、そもそもの集合住宅の持つ社会性は脇に置いて、とりあえず、それがちゃんと事業として回るようにしないと成立しないんです。だから、僕らがやっているデザインは、事業が回るためのひとつのツールなんですよ。デザインによって、うまく事業性が高まり、客付けがしっかりできて、家賃も下がらずに、収益がちゃんと上がっていく訳です。

もちろんそれは重要でずっとやってきているんだけれど、そういう集合住宅をもう1回社会に引き戻したいっていう気持ちがあって、それをできるのは、「西葛西APARTMENTS-2」のような中小規模の集合住宅なんじゃないかなと思ったんですね。小さい集合住宅が街の中にポツポツできて、そこにいろんな人が集まれるような場所があれば、街が変わっていくきっかけになるんじゃないかなと思いました。そういう生活感覚の部分を、小さな集合住宅が引き受けることでもう1回社会の輪に引き戻したいっていう気持ちからですね。

 

由香──1階の店舗を中心にしてみんなで集まれる場所をつくろうと言っても、それがうまくいくかわかりません。なので、自分たちでリスクをとって事業主として始めましたが、最近やっと回り始めただけでなく、築20年の「西葛西APARTMENTS」の家賃が上がったんですよ。最初はなぜかわからなかったんですけど、不動産会社の人に、「西葛西APARTMENTS-2」ができて地域に付加価値がついたから、家賃を上げて募集しましょう!と言われて、驚きました。

 

剛司──新しい入居者が決まるまでの時間も早かったですね。

 

由香──「西葛西APARTMENTS-2」が街の価値を上げることに本当に寄与できていることを実感しました。

 

剛司──おもしろい場所をつくること、集合住宅を社会化すること、事業性というその3つがうまく回っているんですよ。場所の付加価値が上がるから、賃貸もテナントが入ってくれるっていう循環ができ始めてもう1年ぐらいです。もしかしたら、この辺のアパートも、こういうパン屋さんがあることで少し客付けがしやすくなるかもしれないんですよ。

 

飯田──賃貸の近くにおいしいパン屋さんがあるだけで、若い人が集まるということが実際にあるみたいですね。

 

由香──私も後で不動産屋さんに聞きました。ところがパン屋さんは、経営し続けるのが結構難しいらしくて、ちゃんとしたところがあるのは、街の価値になるらしいです。

 

下吹越──パン屋さんの経営は本当に難しいらしいですね。

 

剛司──ゴンノベーカリーさんの昔の店は車通りの多いそんなに広くない道に面した古い建物の1階にスペースを借りてやっていたのですが、将来は公園に面していて、地域に密着したパン屋さんをやりたいと思っていたみたいです。

 

由香──すごく若いのに考えがはっきりしていて、最初に会った時に、「うちの店は駅前に行ってもしょうがない」と言っていました。逆に、「木があって、テラス席もあるこの場所はいい」と言ってくれました。そういう人にアクセスできたのはよかったと思います。

ゴンノベーカリーの外観とその横にある「7丁目PLACE」

剛司──だから、パン屋さんもコワーキングスペースに来てくれている人も、場所に惹きつけられて来ているってところは同じなんですよね。

 

下吹越──この辺は住宅が多いから、パン屋さんの立地条件として駅が近いというのはあまり関係ないですよね。むしろこういう環境を選んで共感してくださる方がリピートしてくれればいいって考えれば、理にかなっていると思いました。

 

剛司──当然賃料が安いですから、駅前よりいいですよ。

 

由香──ゆったりしていますしね。平日の昼間は幼稚園に通う前の小さな子どもを連れたママ達がいっぱい来てくれるんですよ。ここだと車も来ないので、子どもたちは好きなだけ騒いだり、遊んだりしていますね。オープンスペースや屋上のような落ち着いたスペースがあるので、誰でも入れる場所になっていると思います。

 

剛司──パン屋さんは、難しい反面、簡単にもできちゃうんです。

 

由香──冷凍の生地や成形済みの生地も買えるので、焼くこと以外は省略しているフランチャイズのお店が多いみたいです。ゴンノベーカリーさんみたいに、朝の3時に起きて、5時から焼き始めるようなパン屋さんは、重労働でアルバイトの人も長続きしないので、いつも人手不足みたいです。

 

下吹越──自宅の近くにある人気のパン屋さんは最近、パンの種類を1/3にして、なおかつ価格も値上げました。そうしないとパン作りが続けられないから理解してほしいと3ヶ月前から告知していました。それを聞いて、パン屋さんってすごく大変なんだと実感しました。辺りにはそこしかおいしいパン屋さんが残っていないから、みんな続けてほしいと思っているようで、値上げ後も大人気です。

ゴンノベーカリーの内観

由香──今雑誌でパン特集がいっぱいあって、それを見ると華やかで、パン屋さんはおしゃれというイメージがあるみたいだけど、実際はすごく大変で、若者からしたらそのギャップが結構激しいみたいです。

 

飯田──知り合いにパン屋さんがいますが、建築と一緒で、真面目にやればやるほど大変なんですよね。パン屋の奥さんも、単価は数百円のものなのに、ひとつひとつにすごく手がかかっていると言っていました。

 

畠山──「西葛西APARTMENTS-2」を建てて周りの価値が上がっているという話もされていましたが、ここを建てたことで地域との関わり方に変化はありましたか?

 

由香──「やどり木」を使って、無料で来られるマルシェやイベントをいろいろやりたいなと思い、江戸川でお店や工房をやっている方を中心に声を掛けているので、今はそういうネットワークを徐々に育てています。夢は、ここでのネットワークができて、ここから何かを発信したり、横のつながりができたりしていくといいなと思っています。

 

 

集合住宅だからこそできるワークプレイス

 

畠山──最後に、駒田さんにとってワークプレイスとはどんな場所ですか?

 

由香──私は、「西葛西APARTMENTS-2」ができて働き方への考え方が180度変わりました。今までは普通の集合住宅の1室が事務所だったので、漠然と事務所を街に開きたいという思いがありました。新しい事務所では、コワーキングスペースの利用者と交流したり、場所を融通し合ったり、こんな働き方もできるんだと楽しんでいます。コワーキングスペースやマルシェの運営など、これまで予想もしなかったような仕事をするのもおもしろいです。

 

飯田──設計の仕事は座って集中する時間が長いから、全く違うことをやるといい刺激になりそうですよね。

 

剛司──ワークプレイスというと、会社の名前があって、使う場所が決まっていて、近代的な仕事をする場所というイメージが強いと思います。でもそれとは違って、僕が考えるワークプレイスは、場所の境界が緩くていろんなものが入り混じっていて、場合によっては生活と仕事がシームレスになっているような、パブリックに近い場所ですね。

仕事の場所ってもっと公共的な場所に近寄っている気がしているし、そういう場所にしたいという想いもあります。僕たちは夫婦だし、自宅と事務所が隣接しているから、生活と仕事を切り離せないですね。いいか悪いかは別にして、昔はそれが普通でしたよね。

人々が集まる場となる「7丁目PLACE」

由香──これをやるのにいろいろ研究したり、事例やネットを見たりしたんですけど、この程度だったら人を雇わずにスタッフで回していけるなって実感しました。設計事務所の人とか結構向いてると思います。入りやすい場所だったら、少しスペースがあれば、コワーキングスペースを自らつくれると思いました。

 

下吹越──僕はコワーキングスペースまではなんとなく自分でも運営できるかなっていう想像はできますが、下のパン屋さんとか、マルシェとか、「やどり木」の活動とかは結構エネルギーが必要で、それを実践されているのがすごいなと思いました。それに、ここが地域にとってすごく魅力的な場所になっているのを体験して、同じ建築家としてお2人の仕事に感動しました。

 

由香──最初は10年ぐらい前から、いろいろ考え始めて、仲間である建築系の人の事例も見ました。それで、自分らしくできることが何かを模索してやってきた感じですね。働き方についても考えています。コワーキングスペースについては知り合いのところを2ヵ所ぐらい見学させてもらったし、いろんなところを研究しました。新しい試みだったので、模索する期間が長かったです。時間もかかったし、設計以外の企画や運営ってこんなに大変なんだなって思いました。

イベントをやること、パン屋さんに来てもらうこと、コワーキングスペースを運営すること全てに何のノウハウも持っていなかったのでかなり大変でしたが、今それが少しずつ仕事でも生き始めているので、よかったと思っています。

 

剛司──そうだね。積み上げがあるからね。

 

飯田──そうですよね。一朝一夕にできることではないと思ったので、10年の積み重ねがあると伺って納得しました。建築家としての先見性が素晴らしいと思います。

 

下吹越──自分の住んでいる場所だからというのが大きいですよね。西葛西って本当に何もない場所じゃないですか。一般的に考えると、これを事業としてやろうとすると、西葛西は無理だなとなるんですよ。だけど今日お話を伺ってよくわかったのは、やっぱり住んでいらっしゃるから、何とかしたいという個人欲だけではなく、同じように思っている地域住民がいるとわかっているからなんですよね。それを時間をかけて掘り起こしからされているところが本当にすごいなと思いますね。

 

由香──大変なことはたくさんあるけれど、そうですね。

 

下吹越──たぶん、成功の基準を儲かるではなくて、地域が元気になるとか、地域の価値がちょっと上がるとか、周りの人たちがちょっと誇りに思えるようになるってことに、評価軸を変えるだけで、いろいろなことができるということですよね。剛司さんが「集合住宅だったらそれができるんじゃないか」とおっしゃっていたのが印象的で、鋭い意見だなと思いました。確かに、このぐらいの規模の集合住宅だからこそできるし、事業としてのスケール感も合っているんでしょうね。ローカルな場所を更新するのは、集合住宅ではないかという提案はとても説得力がありますし、今日は本当に勉強になりました。僕も次のプロジェクトで具体的に何か提案しようかなと思いました。

 

剛司──これを見て共感してくれたクライアントが何人かいらっしゃって、ここまでリスクを背負わなくても、できる何かがないかなと提案を模索しています。

 

飯田──自分たちがやられているからこそ説得力がありますね。聞く側も納得できます。

 

畠山──今日は大変興味深いお話をありがとうございました。

 

[2019.08.08,西葛西APARTMENT-2にて]

インタビュアー:下吹越武人・飯田彩・畠山かおり・島田佑香・宋佳蔚・王崢

文責:畠山かおり